「ももクロ春の一大事2019 in黒部市」いや、本当に良かった。

こんばんは、『The Diamond Four』を永遠に聞いてます。びたみんBです。

春一の余韻から抜け出せずにいたんですけど、やっと落ち着いてきたのでブログ書きます。

完全に僕の目線でダラダラと書いていくので、時間のある方は読んでいただけると嬉しいです!

 

やってきました黒部!

いやー、遠かった(笑)

交通費がチケット代の2倍くらいかかってしまうという悲劇。

だが仕方ない。ももクロちゃんに会えると思ったら安いもんよ。

東京から黒部宇奈月温泉駅に向かう新幹線にはたくさんのモノノフさんが!テンション上がってきたぜ。

駅から会場までは、ももクロちゃんの立て看板たちが道案内をしてくれていました。可愛かったので写真撮ってきたよ。

f:id:zbitaminb:20190424132030j:plain(れにちゃんだけなぜか横向きでとってしまった笑)

f:id:zbitaminb:20190424132112j:plainももたかぎも通った道!

f:id:zbitaminb:20190424132158j:plain1日目はすごく天気が良かった!

f:id:zbitaminb:20190424132332j:plain思ったより駅から近かったです!

f:id:zbitaminb:20190424132359j:plain到着~!

黒部市は、水がきれいなことで「名水の里」と呼ばれているらしいです。初めて知りました。

f:id:zbitaminb:20190424132412j:plain

景色もすごくよかった!

f:id:zbitaminb:20190424132428j:plain


Day1。「だてあり」に全部持っていかれた感(笑)

僕は2018年のももクリでライブに初参戦して、その時は始まる前から緊張と興奮がヤバかったんですよ。

 

www.zvitaminb.work

 でも今回は、割と始まる直前でも落ち着いているというか。「まあ二回目だとこんなもんかー」そう思っていました。ももクロちゃんが出てくるまではね。

恒例の市長さんの挨拶からスタート。毎年市長さん元気過ぎん?市長になるような方ってみんなこうなんですかね?(笑)

一昨年と去年の市長さんも来てたんですけど、この先春一が10年20年と続いていったとしたら舞台上に何十人もの市長さんがズラッと並ぶんですかね?面白すぎるでしょその状況。

ももクロ春の一大事2017 in 富士見市 LIVE DVD [ ももいろクローバーZ ]

価格:8,877円
(2019/4/26 03:29時点)
感想(1件)

そんなことを考えてると始まるoverture。ライブ映像何回も見てるとovertureって飛ばしちゃうんだけど、実際に会場でコールするovertureはめちゃめちゃ楽しい。

あ、そうそう。僕の場所は、スタンディングのGブロック。ステージからはちょっと遠いけどど真ん中のブロック。「ちょっと遠いなー」って正直思ってたんですけど、後々「ここでよかったー!」って思うことになります。

ついにももクロちゃん登場。一曲目は『イマジネーション』。この時点で鳥肌がヤバい。もはや鳥。人間か鳥かで言ったら鳥。さっきまで【でも今回は、割と始まる直前でも落ち着いているというか。「まあ二回目だとこんなもんかー」そう思っていました。】なんてことを思ってた自分どこ行ったん。

イマジとデモンは聴けば聴くほどいい。「聞こえるかー!」。聞こえてるよー!

「待ってるね。」可愛すぎ。この時点でテンションがもうヤバいもんね。

そこからの『サラバ』に『吼えろ』。飛ばすねぇ。

夏菜子ちゃんの最初の「吼えろーーーーーーーーーーー」は日に日に長くなってる気がするんだよなぁ。五年後くらいには夏菜子ちゃんの「吼えろー」だけでライブ終わりそう。

正直『吼えろ』の時点でもう泣いてた。最近の俺は『吼えろ』に弱い(笑)

で、怪盗からの自己紹介。スペシャルゲストのしまじろう登場。まさかこんなところでしまじろうに会えるなんて(笑)

ももクロちゃんZの『HERO』をももいろクローバーZがカバー。ももクロちゃんZさんも忙しいですからね。今回は来れなかったみたいです。

 やっぱ『HERO』めちゃめちゃいいよね!?

出会えたことがキセキで ここにいることがラッキーで

それ以上のこと何を望む?今は今で楽しんじゃない?

(作詞:ふるっぺ(ケラケラ)、森さん(ケラケラ) 『HERO』)

 ほんとそれなって感じです。ももクロちゃんと同じ世代に生まれたことが奇跡だよなって最近特に思う。自分にとってこれ以上のラッキーはないなって。

それはそうと、しまじろうめちゃめちゃ踊るやん(笑) 暑くないのかな? いや、誰がとは言わんけどね。

『We are born』『行く春来る春』『DNA』ときて、獅子舞保存会の方々の演舞。富士見市にもあったよね?獅子舞保存会。そんなにどこにでもあるもんなのか。

獅子舞自体はあんまり動かないんですね(笑)周りの和傘持って踊ってる人たちがめっちゃかっこよかった。

 続いて毎年恒例となった地元の小学生による合唱。個人的に春一はここが一番ヤバい。泣いちゃいそう春。

生で聴くとよりヤバいね。また選曲もいいのよ。

で、そこからの『仏桑花』。いや正直ね、いままで『仏桑花』はあんまり聴いてこなかったのよ。自分の中では影薄めの曲だったというか。

でもめちゃめちゃいいな!特にれにちゃんの「ずっと大好きだから」が沁みる沁みる。言っちゃえば子供たちの合唱からのバラード曲なんてあからさまに泣かせに来てる演出じゃないですか。まんまと泣くのよそれで。「子供×ももクロ」に不純物みたいなものが1ミリも入ってないからスッと心に入ってくるというか。

『仏桑花』、一気に大好きになりました。知ってたはずの曲の魅力に改めて気づけるというか、曲に出会い直せるっていうのがライブの大きな魅力だなって思いましたね。

キングレコード ももいろクローバーZ / AMARANTHUS【初回限定盤】 【CD Blu-ray】 KICS-93308 [KICS93308]

価格:800円
(2019/4/26 03:27時点)
感想(1件)

 『GODSPEED』『チントンシャン』『チャイマ』。『チャイマ』でなんと僕のいるブロックの目の前に来てくれました!

そのあとのMCをずっと目の前でやってくれて。幸せ。でもなんか不思議とテレビ見てるような感覚でした。現実感がない(笑)

客席に「ワニがいるー!」というれにちゃん。僕は見れなかったんですけどおそらくワニの被りものかなんかをしてるモノノフさんがいたんでしょうね。それに対して、あーちゃん

「何しに来てんの?」

 会場大爆笑。いや、これはすごいですよ。

会場にワニの被り物の人がいるっていう状況。一番オーソドックスは「何被ってんの?」じゃないですか。もうちょい強めにいくとして「なにやってんの?」だと思うんですよ。でもあーちゃんはそれを上回る「何しに来てんの?」www

別にそんなことを考えて言ってるわけじゃないんでしょうけどね。いや、考えてないならなおさらすごいのか。技術じゃなくてセンスだもんな。面白すぎる。

 『ももパン』『キミノアト』『でたらめ』、ずっと良い。

そして大好きな『笑一笑』。この間クレヨンしんちゃんの「カンフーボーイズ」がテレビ放送されるときに『笑一笑』について記事を書いたのですが、結局『笑一笑』は流れませんでした(笑)

 

www.zvitaminb.work

 まあ、大人の事情ってやつがあるんでしょうけどショックでしたね(笑)

テレ朝さーん。そこは流してくださいよぉー。

そういえば僕、テレ朝さんに言いたいことがあるんですよ。

おい!テレビ朝日

「logirl」が月額900円で「ももクロchan」見放題なこと、死んでもやめんじゃねーぞ!!!

「オードリーのオールナイトニッポン」のリスナーにしか分からないネタを放り込んですみません(笑)

logirlは神すぎ。十連休はchan見まくろ。

話それました。

アンコール。

『Link Link』『ニッポン万歳』。ニッポン万歳の富山のところの歌詞はあっさりしすぎてましたね(笑)

ニッポンを一周し終わったところで、あのイントロが。「え?ここでこの曲?なんで?」これってアヤカネーションだっけ。

そう、流れたのはなんと『だって あーりんなんだもーん☆』

この大きなライブで一人だけソロ曲をやるとは。まさに「圧半端ねえ 自分アピール」。これぞ佐々木彩夏あーーーーーーー!よっしゃあーりん!!

あーちゃん「アヤカネーションでやってほしいももクロの曲を募集します!」

「チントンシャン!!!」wwwww

鬼畜かよ。僕は『もっ黒』を一人でやってほしいですね。

『コノウタ』『ガンズ』でしばしのお別れ。明日もあるけどね。

色々あったはずなのに最後にあーちゃんが全部持ってた。

 ちょっと!佐々木!タチ悪すぎ!!

まとめ

本当は二日分まとめて書こうと思ってたんですけど、疲れたのでいったん終わりますわ。二日目の分もすぐ書きまーす。